当院で診療する主な疾患はこちら

皮膚のできもの(腫瘍)は、皮膚の表面に盛り上がってできるできものや色素斑です。主代表的なものには、ホクロやイボ、皮膚線維腫や軟性線維腫、神経線維腫などがみられます。これらは外見上や触った感じである程度、診断を予想できる場合もあれば、切除して病理検査などで調べなければわからない場合もあります。また、様子をみていても消えるものではなく、はじめは小さかったものが徐々に大きくなるものがほとんどです。

小さいうちに手術すれば、簡単に取れ傷跡も小さくて済みますので、お早めの受診をお勧め致します。切除したできもの(皮膚腫瘍)は、悪性(癌)の可能性がないか病理組織検査に提出して診断を確定させる方向で行います。
悪いできもの(悪性)であった場合は、必要に応じて近隣の大学病院や総合病院へご紹介致します。

手術は基本的に保険診療の適応でできますが、顔のホクロやイボなどの場合で、明らかに良性であり、色を消したり、盛り上がりをなくしたいといった美容面で目立たなくしたいときは、保険診療外となることがあります。

※なお、適切な医療を提供するために、腫瘍の大きさや程度によっては近隣の形成外科や大学病院などを紹介する場合がございます。何卒ご了承下さい。

当院で診療する主な疾患

ホクロイボ稗粒腫スキンタグ
軟性線維腫皮膚線維腫神経線維腫その他のできもの
(汗管腫やエックリン汗孔腫など)
皮膚生検
ホクロイボ
稗粒腫スキンタグ
軟性線維腫皮膚線維腫
神経線維腫その他のできもの
(汗管腫やエックリン汗孔腫など)
皮膚生検

皮膚小手術の対象となる主な疾患の詳細はこちら